恋月夜?詩集?

夜・月・星・天使・恋愛・妄想などをテーマにした詩集です☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅い月

紅い月


満ちて 欠けて
満ちて 欠けて

幾度となく 繰り返す
愛情の起伏


平坦な安らぎなら 要らない

紅く焦がす夜と
さざなみさえ立たない 漆黒の海


ただ・・・貴方から はぐれないように

紅い月

スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/30(日) 23:04:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:9




あの夜一番近くに居た二人は 今 月より遠く離れてる
私の耳に囁いた唇は もう違う柔らかさを探している

諦められない恋の 壊せないダイヤに似た
強さを思い知るの 変わって行くあなたを見たい

解りたくない現実 聞こえない明日の声
いつかと同じ眼差しで 変わらない私を見て

欠けてゆく月を 繋ぎとめておきたくて 水面に映し 何度もすくっているの

湖

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/27(木) 14:12:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

下弦の月

下弦の月


手を伸ばしてももう届かない 欠けてゆくあの月のように
僕ができることはもう何も無くて 月光の中で祈り続ける 僕の中で君が消えないように

君の未来に穏やかな笑顔があふれますように

君のお気に入りだった窓際の白いソファー もうぬくもりも感じない
ガラステーブルの一輪挿しは紅い薔薇 花びらが散っても次の花は咲かない

君の名前をそっとつぶやいて さようならと目を閉じた 君が流した涙が深く深く僕の胸に落ちて
終わらないと信じた愛した時間 小指をからめた約束は 永遠に叶わない願いに変わって

手を伸ばしてももう届かない 欠けてゆくあの月のように
僕ができることはもう何も無くて 月光の中で祈り続ける 僕の中で君が消えないように

君の未来に穏やかな笑顔があふれますように

暗闇が月を覆い隠してしまう前に 宙に届きますように

9moon22.jpg

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/18(火) 20:25:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

月が満ちるまで

月が満ちるまで


太陽は嫌いだよと カーテンの隙間 青い空を睨みつけて
僕は君にまぶしい光を届けたいのに 

君は月から降りてきた 幾千の星たちを連れて

紺青の髪は長く尾をひいて
君は美しく笑いかけるけど グレーの瞳の奥に何か隠してる

見えなくて 分からなくて 繋ぎとめておきたくて
僕は君を求め続ける 離さないで

欲しいもの 出来ること 僕のすべては君にあげるから
いつの日か還ってしまうその瞬間まで 君の傍に居させて
月が満ちるまで

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/15(土) 15:35:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

?恋月夜?

Author:?恋月夜?
更新が遅れがちに。。。汗。皆様のところにもなかなかいけず、すみません。遅くなっても必ずコメント入れますので、お許しください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。