恋月夜?詩集?

夜・月・星・天使・恋愛・妄想などをテーマにした詩集です☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

紅い月

紅い月


満ちて 欠けて
満ちて 欠けて

幾度となく 繰り返す
愛情の起伏


平坦な安らぎなら 要らない

紅く焦がす夜と
さざなみさえ立たない 漆黒の海


ただ・・・貴方から はぐれないように

紅い月

スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/30(日) 23:04:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:9

笑っていて

笑っていて


逢いたさが募ってく
冬の星座は西に傾いて もうすぐ春が来るよと 天使たちが歌う

こんなに愛しいのに 声も聴けないなんて苦しいよ

恋しくて 淋しくて 心が痛いよ
君への想いは僕を突き抜けて 宇宙まで届きそうなのに

何度も呼んで 君の名を呼んで
返事がなくても 夜風が君の名を流して・・・

恋しくて 淋しくて 心が痛いよ
君の笑顔が見たくて ただ傍にいたくて 僅かな時間でも

何度も呼んで 僕の名を呼んで
君が必要なら どこまでも翔んで行くから

君を守るために産まれてきた 優しい季節が来るまで

冷たい風には 僕が盾になるから 
どうか 君は笑っていて

笑っていて

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/29(土) 17:36:39|
  2. 天使
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ピアノ

ピアノ


淡いライトが照らし出す 埃のかぶったステージで
あなたがまだ恋をしていた頃の 色褪せた思い出を弾こう

隣で歌うあなたの握るマイクは いろんな涙の色を知っている

この声に抱かれていた この歌が好きだった
この場所から見えるあなたの横顔が わたしの誇りだった

もう熱くなる年齢じゃないと はぐらかさずにもう一度聴かせて
あの日誰かに贈った 甘くて苦いあの切ない詩を

十年先も またここに戻るなら

あなたの隣でまたピアノを弾こう

ピアノ

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/28(金) 17:15:17|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8




あの夜一番近くに居た二人は 今 月より遠く離れてる
私の耳に囁いた唇は もう違う柔らかさを探している

諦められない恋の 壊せないダイヤに似た
強さを思い知るの 変わって行くあなたを見たい

解りたくない現実 聞こえない明日の声
いつかと同じ眼差しで 変わらない私を見て

欠けてゆく月を 繋ぎとめておきたくて 水面に映し 何度もすくっているの

湖

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/27(木) 14:12:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

恋猫

恋猫


あなたの顎にほおずりする
足と足と 指と指とをからませて
あなたの胸の上で 喉を鳴らしてる

もう帰らなきゃいけないとか 九時から仕事だとか
二人はこれからどうなるのとか 考えずに生きていられたら

時計が読めなくなってもいい

わたしの気持ちに気づいてくれなくてもいい
ずっとずっと動けなくなるまでそばに居たい

かまってくれなきゃ死んじゃうような
あなたに飼われて わたしは猫になりたい

背中に爪を立てても おこらないでね

恋猫

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/25(火) 19:30:44|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ゆりかご

ゆりかご


ゆりかごの様に君の笑顔は 夢の中に僕をいざなうよ
歪んだ風が届かない 二人だけの眠りへ

折れた翼はもう要らない 見上げた彼方の星が流れて 
渦巻いた雲が夜空を覆いつくしても

細い光が僕を照らして

いつか月に還る天使のはばたき 
見とれていたのは君のまばたき 

ゆりかごの様に君の笑顔は 夢の中に僕をいざなうよ
歪んだ風が届かない 二人だけの眠りへ

ゆりかご

  1. 2006/04/23(日) 21:09:37|
  2. 天使
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10




あなたが奏でる音を 目を閉じて感じてた
そばに居られないこと ずっと愛してもらえないこと
叶わない夢と 知っていた

今 命を絶っても あなたの中に 残りたい どんな形でも

無関心が一番痛い

私の中に置いていって さりげないしぐさでもいい


あなたの瞳に 何が見えてるの? 

どこからどこまで 見えるの?


星がいくつも降りそそぐ中で たたずんで見上げる

あなたの心は今どこにあるの?


今は 何を 求めてるの?

私は それを持ってないの?

星

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/22(土) 11:46:07|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:8

schizophrenia?統合失調?

schizophrenia?統合失調?

締め切った遮光カーテン
無機質な味が 口の中に広がる
頭の中に響く 誰かの声が命令する

被害妄想・・・・?

記憶のない昨日の数時間 僕は誰?

現実と夢の狭間で立ち尽くしていた
永遠に癒されることはないと

空虚な空間と 非生産的な毎日
ひざを抱えていた僕は 君の優しい笑顔が まぶしかった

僕が出会ったのは 天使なのかな?
君の声が僕の心に波紋をおこして 光の差す方向が見えた

君がさしのべてくれた手のひらは 温かかった
僕が出会ったのは 天使なのかな?

9cosmo5.jpg

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/21(金) 00:29:41|
  2. 妄想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




触れた時から すべて始まっていた
取り返しもつかない

あなたの毒が 体中にまわって 刺された針の跡が 熱く燃える
痛みさえ悦びに変わって 何も感じなくなりそうで 
傷つけられても 抑えきれなくて
冷たくされても 会いたくなって

声を聴いたとき 胸の奥で 何かが目覚めた

甘い蜜が 指までしたたって 氷で輪郭をなぞる
愛されるまで 眠れぬ夜を 幾つも数えてる

羽音の聞こえない 手探りの夜は
”黒いレースの華になって 窓を開けて待ちましょう”

私の匂いを風が運んでくれるように
幾重にも重なった花びらが かすかに揺れて

あなたの毒が 体中にまわって 刺された針の跡が 熱く疼く
痛みさえ悦びに変わって このまま身をまかせて

いっそ心まで壊してくれたら 命まで奪ってくれたら


楽になれるのに・・・

9cosmo12.jpg

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/19(水) 23:32:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

下弦の月

下弦の月


手を伸ばしてももう届かない 欠けてゆくあの月のように
僕ができることはもう何も無くて 月光の中で祈り続ける 僕の中で君が消えないように

君の未来に穏やかな笑顔があふれますように

君のお気に入りだった窓際の白いソファー もうぬくもりも感じない
ガラステーブルの一輪挿しは紅い薔薇 花びらが散っても次の花は咲かない

君の名前をそっとつぶやいて さようならと目を閉じた 君が流した涙が深く深く僕の胸に落ちて
終わらないと信じた愛した時間 小指をからめた約束は 永遠に叶わない願いに変わって

手を伸ばしてももう届かない 欠けてゆくあの月のように
僕ができることはもう何も無くて 月光の中で祈り続ける 僕の中で君が消えないように

君の未来に穏やかな笑顔があふれますように

暗闇が月を覆い隠してしまう前に 宙に届きますように

9moon22.jpg

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/18(火) 20:25:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

奇跡を探して

奇跡を探して


もう幾つ数えただろう? 君が居ない長い夜
求めた自由が重くなって 
蜘蛛の糸をたぐり寄せても 手元に残る証もなくて

唇の余韻と 手のひらの記憶は 街の人波にさらわれて
昨日の自分さえ 見えなくなるのに

誰かと分かち合いたいような金の夕焼けも 白銀に埋もれた窓の灯りも
遠くの湖に沈めてきたはずの 甘い時間を揺らしてる

輪郭の見えない明日に 奇跡を探して
優しい過去を振り返っても もう触れないから

奇跡を探して

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/15(土) 19:51:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

少年

少年

触るならいじらしく 嘘つくなら優しく 愛するなら儚く
奪うなら激しく 誘うならあざとく 裏切るなら鮮やかに

君の目に映る私が本物だと 信じて疑わない
汚れが無い無垢な翼が 折れる音を悦びにして

濁った重い雲が 世界を覆いつくして 浅葱色の空は遠い

緩やかなスロープの先には 終わりの見えない深い壁
気づかずに登ってゆく 堕ちないなんて根拠の無い自信

君はもう翔べないよ 堅いアスファルトでも歩くしかない
綺麗な景色しか知らないなんて 許さないから

天使で居られなくなったら 傍で泣いてあげる

少年

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/15(土) 19:38:53|
  2. 妄想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Corruption

Corruption


無数の天使の羽根が 舞い降りて
ひととき 地上を浄化する

偽りの’綺麗’

雪が溶けるまでのはかない夢
光に見捨てられた羊たち

解き放て 欲望のすべて
仄白いその身体が 紅く染まるまで

僕は君をつらぬき壊してしまうだろう
そして 僕自身も壊れるだろう

果てなく続くこの星の腐敗に 君を汚されたくない

最後の瞬間も 新しい世界の始まりも
君と一緒に見たいから
9san.jpg

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/15(土) 15:55:49|
  2. 天使
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月が満ちるまで

月が満ちるまで


太陽は嫌いだよと カーテンの隙間 青い空を睨みつけて
僕は君にまぶしい光を届けたいのに 

君は月から降りてきた 幾千の星たちを連れて

紺青の髪は長く尾をひいて
君は美しく笑いかけるけど グレーの瞳の奥に何か隠してる

見えなくて 分からなくて 繋ぎとめておきたくて
僕は君を求め続ける 離さないで

欲しいもの 出来ること 僕のすべては君にあげるから
いつの日か還ってしまうその瞬間まで 君の傍に居させて
月が満ちるまで

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/15(土) 15:35:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

☆使用画像について☆

”恋月夜”にご来訪いただき、本当にありがとうございます。
このブログでは、詩と画像を組み合わせてアップさせていただいております。
詩はまったくのオリジナルです。(詳しくは転載についてのお願いを読んでくださいませ。)

画像については素材集からお借りしてきています。

サイト名 『Atelier N』様。 管理人 『薫』様。
リンク先は http://www12.ocn.ne.jp/~eternal/ です。

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/15(土) 15:19:21|
  2. ☆画像について☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

☆転載についてのお願い☆

いつも”恋月夜”にお越しくださってありがとうございます。

”恋月夜”では、私の恋愛感や思想を詩にして、画像とともに掲載しています。

すべてオリジナルで作った詩です。一応、こんなつたない詩たちですが、著作権は放棄していません。

訪問してくださっている皆様のモラルは信じていますが、皆様と気持ちよくブログを楽しみたいので

お願いいたします。ここから何か転載される場合は、一言断わってからにして欲しいと思います。

こちらから伺った際に突然掲載してあったり、表現が変わっていたりするのは本意ではありません。

気に入っていただいて私の作品が掲載されるのはとても嬉しいので、どんどん掲載していただいて

構いません。

カタイ事を言ってしまって申し訳ありませんが、これからもいろいろな方がみえると思いましたので

一言、お願いしました。マナーを守っていただいている方には大変失礼しました。お許しください。

作品ごとに沢山のコメントをいただいて、とても感謝しています。これからも皆様のところに伺い

ますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/15(土) 15:16:47|
  2. ☆転載について☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祈り

祈り


星に祈りを 東の空に生まれた光
君の未来に あたたかい風が吹きますように
君の明日が まぶしく輝きますように・・・

苦しみも 悲しみも 受けとめた後で
君の強さは 本当になる

優しいだけの言葉に
もう頼らなくていいよ

月に願いを 南の雲に浮かんでる
君の選んだ道が 明るく照らされますように

遠く彼方離れていても どうか届きますように・・・

9moon39.jpg

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/15(土) 15:11:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

プロフィール

?恋月夜?

Author:?恋月夜?
更新が遅れがちに。。。汗。皆様のところにもなかなかいけず、すみません。遅くなっても必ずコメント入れますので、お許しください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。